« 失礼極まりない | メイン | ヘアケア商品 »

働くという事

働くという事は素晴らしい。
それでそれがお金になるのが仕事、だと思います。
でもこの働く、ということ、つまり労働力というのをお金に換算するのは非常に難しいですね。

働くということの定義は財・サービスという生産物を作るために投入される人間の能力。
肉体的なもののみならず、知的なものも含むのだ!!

そうなんです。
知的なものも含みます。
ここを勘違いしてる人もいて困る。
そういう人は理論で行ってくるから腹がたつ。

まるで自分ひとりだけが働いているかのように言うのです。
周りだって働いています。なにをもってそれを言うのかさっぱり分からない。
自分は能力があるからもっとお金をくれ?
お金ですか欲しいのは。

嫌な人ですねー。
労働というのはそこだけではないのだ、分かってないなー。
とにかく、嫌な人と言うのはいるもので、周りとの調和がとれないのなら、
それなりの対応になる、ってことですね。
ちゃんと考えた方がいいです。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.manuelapesko.com/mt3/mt-tb.cgi/49

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2018年02月01日 01:59に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「失礼極まりない」です。

次の投稿は「ヘアケア商品」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.38