« コーヒーが好きな女帝 | メイン | ジャニーズも変わってきたねー »

法廷の話?

映画「ハドソン川の軌跡」を見ました。
クリント・イーストウッドなんですね、監督が。主役はトム・ハンクス。
実話だってこともあって面白かったのですが、内容の半分は「法廷の話?」ともとれる感じでした。
鳥がエンジンに入ることはよくあるというけど、両方のエンジンがやられてしまったのでどうしようもなかったと。
でも「飛行場に引き返せたはずだ」「いや、それは無理だった」というね、、そこが一時期問題になったらしい。
いやらしいねー、そんな人的ミスにしちゃって。
奇跡は奇跡でいいじゃないかーー。
結局は、やはりキャプテンはヒーローだったわけだけどね。
でも本人は「僕はヒーローじゃない」と言っているんです、これがまた格好いい。

あの状態であんな冷静に判断を下したキャプテンはすごい人なのだ。
認めてあげようよーー、最初からさーー。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.manuelapesko.com/mt3/mt-tb.cgi/82

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2020年11月01日 01:51に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「コーヒーが好きな女帝」です。

次の投稿は「ジャニーズも変わってきたねー」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.38